美術

  鬼丸 尚幸・西山 陽 作品展

このページをシェアする

2019/08/16

鬼丸尚幸氏は、「磁器」-民芸の郷である小石原にて青白磁を中心とした作陶活動を、

西山陽氏は、「漆器」-大野城市出身で卒業後山梨にアトリエを構え、和から洋まで幅広い漆作品を制作。

東京藝術大学工芸科の同期生である二人の初となる個展です。ぜひご高覧ください。

画像

西山陽『朱塗花器「眩耀」』

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。
※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

美術

美術

9階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース