美術

第56回西部伝統工芸展

このページをシェアする

2022/05/30

[展示内容]陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸(硯、截金、七宝など)

 

九州・山口・沖縄には、古くから伝えられた多彩で優れた工芸技術があります。本展はこの伝統的な技術を受け継ぎ、練磨し、現代的美意識のもと今日の暮らしに即した新しい物をつくり上げることを目的とした展覧会です。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸(硯、截金、七宝など)の7部門の公募作品のうち、「自由作品の部」と「用と美の部」の入賞、入選作品260点を展示いたします。多くの方にご高覧いただき、現代という時代に向き合い、伝統工芸の新しい方向性を探ってまいりたいと存じます。

 

■作家来場[期間中、毎日正午から午後1時まで]

6/1(水) 福島善三[陶芸](重要無形文化財保持者、日本工芸会西部支部幹事長)

6/2(木) 築城則子[染織](日本工芸会西部支部副幹事長)

6/3(金) 中村信喬[人形](日本工芸会西部支部副幹事長)

6/4(土) 河野行宏[木竹工](日本工芸会西部支部常任幹事)

6/5(日) 宮原隆次[陶芸](日本工芸会西部支部幹事)

6/6(月) 宮﨑祐輔[陶芸](日本工芸会西部支部幹事)

 

◎主催:公益社団法人日本工芸会、公益社団法人日本工芸会西部支部、朝日新聞社

◎後援:文化庁、佐賀・大分・沖縄各県、山口・福岡・熊本・宮崎各県教育委員会、福岡・熊本各市、福岡・熊本各市教育委員会、西日本新聞社、沖縄タイムス社、九州朝日放送、KKB鹿児島放送、KAB熊本朝日放送、OAB大分朝日放送、NCC長崎文化放送、QAB琉球朝日放送、朝日カルチャーセンター、NHK福岡放送局

 

福岡展会場運営:株式会社三越伊勢丹ホールディングス

※三越伊勢丹グループはサステナビリティ活動の一環として「西部伝統工芸展」を開催し、芸術振興に取り組んでいます。当社グループのサステナビリティ活動についてはこちら

受賞作品

item-list__bg-img

朝日新聞社大賞

「氷青磁鉢」青木昌勝(陶芸)

今回の氷青磁鉢はどっしりと安定感のある趣を抱かせ、口縁に向かって広がるシンプルな造形ラインに仕上げました。また彫刻による表情と造形をどのように調和させるかという作意を持って制作しました。作品の側面、内面には表情を豊かにするべく、帯状の窓枠を設け、その中に彫刻を施しています。1本1本の線は氷河の角々しい稜線を更に繊細に、細かく表現しました。意図的に織りあわせた線彫は不均一な凹凸が出来、その間に溶け込む釉が表情の変化を生み出してくれました。この彫刻はまだ手掛けたばかりなので今後も更なる新しい表現を造形に施し、そして生活空間に溶け込む作品つくりを心掛け、作陶していきます。

青木昌勝

item-list__bg-img

日本工芸会賞

陶胎紙貼彩色「遙境」中島広量(人形)

近年は中国の陶俑(とうよう)をテーマに取り組んでいます。主に唐時代の人物像を題材に選び、衣裳の色彩や文様については全体の調和を考えました。胸の前で手を合わせて生前通りの安穏な生活を来世でも送ることができるよう、祈りの姿をしています。日本から眺めた唐朝時代の異国風土に想像を巡らせて、楽しげな私なりの陶俑を創作することを目指しています。

中島広量

item-list__bg-img

日本工芸会西部支部長賞

截金飾筥「花のまつり」江里朋子(諸工芸)

春 、花散る頃に流行るとされる疫病を鎮めるため、疫病の根源を美しい花々で飾った花傘に集め、疫社に封じ込める祭りが日本の各地の神社で執り行われます。その傘の中に入ると一年の厄を逃れることができるとも伝わり参拝の人々が傘の下に入って無病息災を祈ります。子供のころから親しんだ お祭りでしたが、華やかで美しい花傘道中を見ることに喜びを感じているだけでした。いま、このような時期にあってその祭りの起った意味や人々のねがいに深く共感するばかりです。その緋色の花傘を表現したいと思いました。

江里朋子

item-list__bg-img

西日本新聞社賞

花織着物「さわふじ」玉城柳子(染織)

「幸福が訪れる」という花言葉。日々大変な毎日ですが、植物の持つ力で私なりに表現しました。織を始めた頃、はじめて「さわふじ」を見ることができました。それから不思議と私の側にいつも「さわふじ」が。花の淡いピンク色は車輪梅で染めました。亡義兄が大切に育てていた木。優しい大きな瞳で見守ってくれている様です。ありがとう。

玉城柳子

画像

福岡市長賞

有線七宝草花糸蜻蛉文飾皿「夕景」

小西勝代(諸工芸)

 

画像

熊本市賞

「楓象嵌拭漆八角箱」

川元英満(木竹工)

画像

九州朝日放送賞

「彩色線文花器」

小川洋一(陶芸)

画像

沖縄タイムス社賞

螺鈿蒔絵盛器「シークヮーサー」

松崎森平(漆芸)

画像

朝日新聞厚生文化事業団賞

首里花倉織着物「波の綾」

起田奈津子(染織)

画像

KKB鹿児島放送賞

「鐘形門様硯」

宮川英明(諸工芸)

画像

KAB熊本朝日放送賞

「白磁鉢」

五嶋竜也(陶芸)

画像

OAB大分朝日放送賞

小倉織木綿角帯「たまずさ」

小野亜由美(染織)

画像

NCC長崎文化放送賞

「月下美人陰刻鉢」

川崎精一(陶芸)

画像

QAB琉球朝日放送賞

蒔絵盒子「蘇鉄」

阪田瑶子(漆芸)

画像

奨励賞

琉球紅型朧型帯「クロッカスと福良雀」

知念冬馬(染織)

用と美の部のご紹介

用いることと美しさを兼ね備えた「用と美の部」の工芸品。暮らしに取り入れやすく、思わず手に取ってみたくなる作品ばかりです。ぜひ会場でご覧ください。

 

画像

日本工芸会西部支部賞

「粉引彩泥長皿Ⅱ」

宮原隆次(陶芸)

画像

岩田屋三越賞

銀碧玉帯留「老松」

藤澤典子(金工)

画像

鶴屋百貨店賞

煤竹文花籠「ほたる」

岐部笙芳(木竹工)

画像

朝日新聞厚生文化事業団賞

「模紗織段暈し暖簾」

竹内志津子(染織)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けられた皆さまに、こころからお見舞い申しあげます。

ご来場に際し以下の内容について、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

●会場内では、常にマスク着用をお願いいたします。

●会場混雑を避けるため、入口でお待ちいただく場合がございます。

●体温が37.5度以上の方およびマスクを着用されていない方のご入場をお断りする場合がございます。

 

※掲載の情報につきましては、諸般の事情により予告なく変更・中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。

※作品には非売品もございますので、ご容赦ください。

 

このページをシェアする

美術

美術

9階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース

-光を描いて- 青木成実 油絵展

-光を描いて- 青木成実 油絵展

7月6日(水) ~ 7月11日(月) [最終日午後5時終了]

日本画四人展―四重奏―

日本画四人展―四重奏―

6月29日(水) ~ 7月4日(月) [最終日午後5時終了]

岩田屋三越 美術画廊インフォメーション

岩田屋三越 美術画廊インフォメーション

6月1日(水) ~ 7月4日(月) [最終日午後5時終了]