美術

数寄景/NEW VIEW 日本を継ぐ, 現代アートのいま

このページをシェアする

2020/03/02

日本美術の“文化遺伝子”を継承するアーティスト17組を紹介する展覧会を、

福岡三越「三越ギャラリー」で開催!(※1)

また、開催を記念した作品・版画販売『数寄景/NEW VIEW 外伝』を岩田屋三越美術画廊にて開催いたします。(※2

 

※1:三菱地所アルティアムは3月1日(日)から3月16日(月)まで臨時休館。
※2:作品・版画販売『数寄景/NEW VIEW 外伝』は2月26日(水)から3月2日(月)まで開催(最終日は午後5時閉場)



私たち日本人は、外来文化を受け入れ、そこに独自の洗練を加えることで、創造性の高い文化をつくってきました。
日本文化の特質であるこの創造性は、グローバリズムが台頭する現代においても絶えることなく、脈々と受け継がれています。
本展は、このような日本美術の「文化遺伝子」を継承するアーティストたちの身振りにフォーカスすることで、これからの日本美術への問いかけと、可能性を見出します。
展示構成は、日本文化のキーワードから選んだ、「あやし」「見立て」「うつろひ」「なぞらえ」「かさね」「ゆらぎ」「今様」「奇想」の8つのセクションごとに、それぞれ2組(一部3組)のアーティストの作品を対峙。お互いがせめぎ合い、重なり合う、現代アートのいまを体感できる場を仕掛けます。
現在もっとも注目を集めるアーティストから新世代のアーティストまで、現代の「数寄者」たちの織りなす、自由闊達で創造力あふれる展示空間を風景に見立て、展覧会タイトルを『数寄景/NEW VIEW』としました。
「平成」から「令和」への転換を迎え、彼らの作品は、私たちにどんな新しい風景「NEW VIEW」を見せてくれるでしょうか。


【イベント】

ギャラリートーク
ミヅマアートギャラリー ディレクター 三潴末雄氏 + 出品作家によるギャラリートーク開催! 

 

●日時
2月26日(水)
第1回目:午前11時~

出演者

ミヅマアートギャラリー ディレクター 三潴末雄氏
作家 赤松音呂氏
作家 岩崎貴宏氏

第2回目:午後2時~

出演者

作家 赤松音呂氏
作家 岩崎貴宏氏

※都合により、第2回目は作家2名によるトークとなります。

 

●会場
福岡三越9階「三越ギャラリー」 

ご参加方法=本展へのご入場チケットが必要となります。

※天候・交通機関などの理由により予定なく変更となる場合がございます。

チームラボ《Black Waves》2016

チームラボ《Black Waves》2016

Digital Work, 4 channels, Continuous Loop

©teamLab

金子富之《黄光飛龍》2018

金子富之《黄光飛龍》2018

岩絵具、墨、透明水彩、アクリル、ペン、箔、吉祥麻紙

230×480cm 遠藤祐里氏所蔵

©KANEKO Tomiyuki, Courtesy of Mizuma Art Gallery

淀川テクニック《キュウカンチョウNO.1》2015

淀川テクニック《キュウカンチョウNO.1》2015

ゴミ、ミクストメディア W42×H28×D28cm

©Yodogawa Technique, Courtesy of the artist and Yukari Art

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。
※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

美術

美術

9階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース