宝飾・時計

<中嶋邦夫展> 自然の息吹をエナメル(七宝)で表現する中嶋邦夫氏のジュエリー

このページをシェアする

2020/08/26

9月2日(水)から10日(木)まで、三越6階プロモーションスペースにて<中嶋邦夫展>を開催。

アール・ヌーヴォー期に花咲いたエマイユ(七宝)技法を現代で再現し、日本的な色使いとデザインを融合させたジュエリー作家・中嶋邦夫氏。

「ネオジャポニズム(新たな日本の芸術)」として国内外で高い評価を受けています。
 

作家が感じた自然美を自らの手でデザインし、制作された作品をご紹介いたします。

 

 

 

画像:

「クレマチス」

K18YGダイヤモンドブローチ

(D=0.69ct)

2,200,000円(税込)

画像

「トンボ」

青空を飛ぶ2匹のトンボのデザイン。

交わるトンボの動きと透き通る羽が印象的な
ブローチです。

K18YGサファイヤブローチ
(SP=0.09ct、D=0.13ct)
880,000円(税込)

画像

「林檎の花」

長野にあるアトリエの周りは林檎畑に囲まれて
います。林檎の花をパート・ド・ヴェールという
七宝技法で表現しました。
柔らかな色彩が特徴です。 

K18YGピンクサファイヤブローチ
(PS=0.23ct、D=0.24ct)
770,000円(税込)

画像

「ドングリ」

「豊穣」のシンボルとして欧州で人気のあるドングリ。セットアップ出来るシリーズです。

 ・K18YGダイヤモンドピアス (D=0.44ct)
 605,000円(税込)
・K18YGダイヤモンドリング (D=0.22ct)
   363,000円(税込) 

・K18YGダイヤモンドペンダント (D=0.22ct)
 352,000円(税込)


※写真はイメージです。※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。
※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

宝飾・時計

宝飾・時計

6階 / 1階 | 宝飾品,時計

OTHER NEWS

その他のニュース

<ミキモト>MIKIMOTO BRIDAL FAIR 2021

<ミキモト>MIKIMOTO BRIDAL FAIR 2021

4月29日(木·祝) ~ 5月16日(日)