学 IWATAYA

<学 IWATAYA>高感度な学びをご提供するカルチャースクール 秋期講座おすすめピックアップ

このページをシェアする

2021-09-19

高感度な学びを提供する”学 IWATAYA(まなびいわたや)”。

アート、クリエイティブ、フラワーアレンジ、食、エクササイズから歴史文学に至るまで、17カテゴリーの講座をご用意。

春夏秋冬、毎期変わる講座の内容ですが、秋期講座はクリスマスや年末年始の支度に合わせた講座など、暮らしを彩るレッスンが揃っています。

講座の詳細はこちらのページをご覧くださいませ。→〔学 IWATAYAサイト〕

 

■秋期講座(10~12月)のお申込み方法

・期間:9月3日(金)~

・場所:本館7階 学 IWATAYA受付カウンター

・受付時間:午前10時~午後7時

*講座によりお申込み期限が異なります。

*受講申込は先着順で受付、定員になり次第締め切ります。

*定例講座、完結講座のお申込みはご本人さまのみに限らせていただきます。

画像

講座:ルーマニアンマクラメのチョーカー

講師:ルーマニアンマクラメシンストラクター 長谷川 智絵佳

日程:9月28日(火)10:30~12:30

受講料:17,600円(1回・材料費込)

概要

「マクラメレース」は、女性たちの手仕事として、ルーマニアで古くから育まれる中、現在は糸だけによる立体的なぶどうの房が一番の魅力として、手仕事ファンの心を捉えています。一から作るには大変な作業となりますが、今回は、ある程度キットとしてご準備していますので、お気軽にご参加いただけます。素材は綿100%ですので、季節や洋服によって着色をして楽しむことも出来ます。素材が綿ですので、金属アレルギーをお持ちの方にも安心してお楽しみいただけるアクセサリーです。

画像

LINEスタンプって作れるんです
~デザインから販売まで~

講師:スマホコンシェルジュ haru

日程:第3(土)10:30~12:30

受講料:13,200円(3カ月・3回)

概要

LINEでいつも使っているスタンプ。あれこれ迷いながら選ぶ楽しみもありますが、自分好みのオリジナルスタンプを作ることもできるんです。

お気に入りの写真や画像と、好みの文字を組み合わせて、私だけのLINEスタンプづくりを楽しみましょう。“LINEスタンプメーカー”という専用アプリを使ったスタンプの作り方から販売申請、収益の受け取り方までレクチャーします。使える&使われるスタンプにするための画像+文字入れのテクニックも学べる実践的な講座です。春の講座では受講生全員が販売申請をクリア。個性あふれる様々な作品が誕生しました。

画像

ワンランク上のスマホ撮影スキル

講師:アトリエ スノーバード/写真家 浦瀧 恵美子

日程:第2・4(日)10:30~12:00

受講料:21,780円(3カ月・6回)

概要

同じスマホで、同じものを撮影したのにどうしてこんなに違うの?そんなお悩みにお応えする初心者向けのフォトレッスンです。まずはスマホカメラの構え方や基本操作からスタート。構図、アングル、順光・逆光など、より素敵な写真を撮るのに必要な撮影の基礎知識を、わかりやすくレクチャーします。カメラの機能を使いこなしてワンランク上のスマホ撮影スキルを身につけましょう。

毎回、ご自身のスマホを使って実技も行う実践的な講座です。スマホで気軽に素敵な写真を撮りたい方から、写真で自分の好きなこと、世界観を表現したい方まで幅広くお楽しみいただけます。SNSに投稿する写真が変わります。

画像

バリスタが教えるラテアート

講師:2014WorldCoffeeFestOpenTokyo世界第2位
2014 UccCoffeeMastersLatteArt部門全国優勝
安藤 貴裕

日程:第3(火) 15:30~17:30

受講料:19,800円(3カ月・3回/教材費込)

概要

初心者でも参加できるラテアート講座。感覚で描いているように見えるラテアートですが、実はつくるための基本的な知識や、原理を理解することが大切です。その知識を初歩から丁寧にご指導します。実践には本格的なエスプレッソマシンを使用。

今回ご指導いただく、安藤講師は、初出場した2013年のラテアート大会で全国8位に入賞。その後、全国3位になり、2014年には初の日本一に。そして同年行われた「Coffee Fest ラテアート世界大会2014」では世界第2位という、成績を収められています。講座では、凄腕講師のデモンストレーションも必見です。

画像

「自然派金継」の工程をイチから学ぶ
KINTSUGI JAPAN認定カリキュラム3級講座

監修:KINTSUGI JAPANディレクター、
    博多漆芸研究所代表
    松生まさよ
講師:KINTSUGI JAPAN講師
    博多漆芸研究所講師
    石橋 茜ほか

日程:第2・4(木)13:30~15:00

受講料:118,800円(12カ月・24回)

概要

ウルシノキから採れる樹液「漆」の接着力と光沢感を生かして、器を修理し金彩する「金継」。今や金継は「Kintsugi」として世界共通語となりました。器の傷を傷として隠すことなく、美学として表す芸術性が文化を超えて共感されたのです。「自然派金継」は化学物質を使わず、国産天然漆を古来からの手法で用いる本格派です。

「KINTSUGI JAPAN 金継技術者養成カリキュラム3級」講座では基本工程や素材に関する基礎知識を学ぶ「学科」と、陶器と磁器の基本的な処置方法を学ぶ「実技」の双方を1年かけて学び、登録試験合格をもって3級に認定されます。

画像

~卓上に華やぎをプラス!~
開けても素敵な「インテリア茶箱」

講師:茶箱レッスン部門主任講師・一般向け講座責任者・認定インストラクターコース
鶴岡 真理
大阪支社代表 認定インストラクターコース講師
宮田 真貴

日程:第3(金)13:30~16:00

受講料:93,830~158,840円(3カ月・3回/教材費込)

概要

日本伝統の優れた収納、茶箱。 元々はお茶の葉を新鮮に保存、運搬するために江戸時代後期より使われてきた杉の木箱です。その茶箱に布やクッション材を張り、装飾性を持たせることによって立派な家具、インテリアに仕立てるのが「インテリア茶箱」です。
この講座では、クリスマスや年末年始に向けて作る、ギフトボックスをインテリア茶箱で作ります。焼き菓子や紅茶、ちょっとしたプレゼントなどを入れてギフトボックスとしてお使いいただいたあとは、卓上で色々な使い方をして頂けます。茶箱のサイズは3種類から、生地は6種類からお選びいただけます。

画像

まなざしの力
~テレビディレクターがドキュメンタリーの現場を通して語る~

講師:NHK沖縄放送局ディレクター、

   作家 渡辺 考

日程:10月23日(土)14:30~16:00

受講料:3,850円(1回)

概要

テレビディレクター30年の著者が、ドキュメンタリー作成の過程で邂逅した人々の、まなざしに宿った力と背後に広がる世界を語る。番組のなかで近現代史に葛藤した人々の、 戦争や不条理な権力に翻弄された経験に裏打ちされた言葉が重く深く、体の奥に染みこむ。

講師が取材を行った下記の方々についてお話をいたします。
・静かな光 カズオ・イシグロ(ノーベル文学賞受賞作家)
・赤い背中の悲しみ 谷口 稜曄(被爆体験を世界で語り伝える)
・本土に問う 大田 昌秀(元鉄血勤皇隊員、元沖縄県知事)
・信と義に殉じて 中村 哲(アフガニスタンに命を捧げた医師)

画像

また「学 IWATAYA」は「文喫」と併設しており、受講当日は併せてご利用いただけます。(講座によりサービスが異なるものもございます。)

文喫の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。→〔文喫とは?〕

「学IWATAYA」の講座を受講いただき、「文喫」の洗練された空間で、コーヒーを片手に本・知識とゆっくり向き合う。そして新たな知識や関心が生まれ、また講座や本と向き合う。その循環、“学びのサイクル”をぜひご体感ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

学 IWATAYA

学 IWATAYA

本館7階 | カルチャー・その他

OTHER NEWS

その他のニュース